ロシアの新刊絵本と貴重な絵本関連グッズをお届けします
ホーム絵本ロシア絵本・ヴァスネツオーフ画「50匹のこぶた・子どものための民話詩」
商品詳細

ロシア絵本・ヴァスネツオーフ画「50匹のこぶた・子どものための民話詩」

販売価格: 2,805円 (税込)
素朴で楽しい・目で食べるボルシチのような絵本!

・ハードカバー・220×290×10 ・オールカラー・36ページ

詩はコルネイ・チュコフスキー。色彩も豊かなヴァスネツオフの挿絵は確かに懐かしさに満ち溢れていますが、「古臭く」はありません。それは、アヴァンギャルドスピリットが発揮されているからでしょう。動物の特徴を的確にいかしながらのデフォルメ、その造形や色使い、配置はとても印象的です。そして大切なのはこれらの絵に満ち溢れる「楽しさ」なのではないでしょうか。ナンセンスとユーモアがたっぷり。プラス絵本に登場する豊かな自然と民族衣装や建物の様子から、ロシアの人々の心の原風景のようなものを知ることもできるでしょう。


…………………………
ユーリー・ヴァスネツオフ(1900-1973)
キーロフ出身。サンクトペテルブルクの芸術文化研究所にてマレーヴィチに師事。レーベジェフに才能を見いだされ、挿絵を描き始める。同じく動物挿絵画家のチャルーシンとは幼馴染。アヴァンギャルド弾圧以降も絵のスタイルを変えずに創作活動を続ける。国民的な挿絵画家として子どもたちから愛され続けている。邦訳絵本では「さんびきのくま」が有名。

コルネイ・チュコフスキー(1882〜1996)
父親のいない貧しい家庭環境で育ち、チェーホフに魅せられ、アメリカの詩人たちに共感をおぼえながら、思想・文学の両面で開眼。ゴーリキーのすすめで子どもの作品を書くようになる。その人気の作品から「ロシアの子どもたちはチュコおじさんの『わに物語』で育つ」と言われるほどになる。また童詩などの創作にはげむ一方『2歳から5歳まで』『中学生』などの著述、また評論家、エッセイスト、翻訳家としても業績を残し、1962年にレーニン賞を受賞しています。作品に「ごきぶり大王」「あらうよバシャザブーン」(以上偕成社)など。


  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス