ロシアの新刊絵本と貴重な絵本関連グッズをお届けします
ホーム絵本ロシア絵本・ビリービン画「漁師と魚のお話(金の魚)」
商品詳細

ロシア絵本・ビリービン画「漁師と魚のお話(金の魚)」

販売価格: 1,404円 (税込)
数量:
プーシキンの古典をビリービンの挿絵で楽しむ一冊。

16ページ ソフトカバー 220✖️290 表紙艶中身艶無し紙



黒い線で細かく繊細に表現された世界観はロシアの伝統的な民族的意匠をより鮮明に写し出して見応えがある。人物造形、背景の細やかなところまでビリービンの美意識、表現力を楽しむことかできる。波のうねり、森の倒木など自然描写にも注目したい。



………………………………………………・……
イワン・ビリービン
         (1876〜1942)

画家、舞台装置家。ペテルブルク生まれ。大学時ドイツ留学。イリヤ・レーピンに師事。ヴァツネツオフのロシア英雄叙事詩画などを見て衝撃を受け、以後ロシア民話や中世を作品に反映させるように。「芸術世界」の一員として民話画を描きはじめ、1901年から03年までに当時の印刷技術最高峰の国立印刷所から「うるわしのワシリーサ」など6冊の民話絵本を刊行。その後もロシア細密画、イコン画、ルボークなどの要素を取り入れ、アール・ヌーヴォーや浮世絵の影響も受けつつ、豊かな民族描写力、装飾モチーフのデザインセンス、美しくも落ち着いた彩色で描かれた美しい絵本を発表。オペラやバレエの舞台装置デザインでも活躍。ロシア革命後はエジプトやフランスにも滞在し、帰国後、36年からペテルブルク芸術大学教授。42年、ドイツ軍に包囲される中、防空壕の中で66歳で亡くなりました。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス