ロシアの新刊絵本と貴重な絵本関連グッズをお届けします
ホーム絵本ロシア絵本・・マルシャーク/詩・コナシェーヴィチ/画「お楽しみ集」
商品詳細

ロシア絵本・・マルシャーク/詩・コナシェーヴィチ/画「お楽しみ集」

販売価格: 2,700円 (税込)
数量:
見ているだけでクスッと笑えます…楽しい楽しい玉手箱のような絵本!
共にロシア絵本黄金期を牽引した詩人マルシャークと画家コナシェーヴィチのコンビによる、物語から数字やアルファベットの紹介までバラエティ豊かな1冊。

《内容》
・ハードカバー・182×215mm・78ページ・オールカラー・マット上質紙

7つの内容が楽しめます。
まずは、「なんたる怠け者」というお話。これは怠けもののおじさんのお話ですが、コナシェーヴィチの絵を見ているだけでその怠け者度合いがわかります。次は「アイスクリーム」というお話。滑稽なお話です。次は「火事」。「火事」といえばコナシャーヴィチの代表作ともいえる作品ですが、これはまた時期を変えて描かれた作品。映画のように場面が変わる迫力のある絵に注目です。次はロシア語のアルファベットの楽しい紹介、そして数字の紹介がふたつ続いて、最後は「なぞなそ」。

コナシェーヴィチの親しみやすい表情豊かな線と優しい色使いあふれる贅沢な1冊。細かい筆致だけど、仕上がりはとても柔らかく、軽妙。けれど決してふわっとした雰囲気だけの画ではなくお話の情況や詩の内容、風刺や滑稽さも込められた中身のある「伝わる絵」です。

……………・………・……・
ウラジミール・ミハイロヴィチ・コナシェーヴィチ(1888-1963)

ノヴォチェルカスク生まれ。「芸術世界」派の影響を受け、革命前後から挿絵の仕事を始める。独自の線をいかした画法を確立。チュコフスキーの詩とともに多くの作品を残す。マルシャークとの「火事」は名作。レーベジェフと共にロシアアヴァンギャルド絵本の黄金期を牽引した立役者。その表現のスタイルから、暗黒の時代もレーベジェフほど非難されず、第二次世界大戦後にいたるまで同じ表現で絵を描き続けた。
コナシェーヴィチについて
http://lucas705karandashi.blogspot.jp/2012/08/blog-post.html

サムイル・ヤコヴレヴィチ・マルシャーク(1887-1964)

ヴォロネシ生まれ。幼少から詩作を始め、ゴーリキーにその才能を見いだされる。20年過ぎから児童文学に取り組む。24年からはレニングラードの国立出版所の児童文学部部長。それは1年後後、児童図書出版所として独立するが、マルシャークはその中心、あたかも太陽のような存在であり、多くの児童作家たちを育てた。多くのコンビ作品を生み出したレーベジェフとは「アイスクリーム」やサーカス」などといった傑作を残す。また、英文学の翻訳者でもあり、自らの児童文学のルーツはウイリアム・ブレークであると述べている。日本で有名な作品として「森は生きている」がある。




  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス