ロシアの新刊絵本と貴重な絵本関連グッズをお届けします
ホーム絵本ロシア絵本・バレエ・リュスデザイナー、ベヌア画『ロシア語アルファベット絵本・アズブーカ』
商品詳細

ロシア絵本・バレエ・リュスデザイナー、ベヌア画『ロシア語アルファベット絵本・アズブーカ』

販売価格: 6,000円 (税込)
数量:
まるで缶に入ったとっておきの美しい砂糖菓子のようなアルファベットの素敵な物語たち。そばにおいて一生大切にしたくなる1冊です。贈り物にも!

・72ページ・ハードカバー・型押し表紙・風合いマット紙印刷・316×226×13mm・2014刊 ※背表紙下部に運送時にできた1cmくらいへこみしわがあります。ご了承ください。

 宝物にしたい美しく洗練されたアルファベット教本。
1904年にビリービン絵本と同じ内閣印刷局で印刷された当時最高峰の技術で作られた豪華な絵本。教育は「美しい芸術に触れてこそ」というベヌアの考えから、美術本と呼べるレベルで作り上げられています。見開き2ページでひとつのアルファベットのお話が展開しており、文字のページにはアールヌーボー様式の優雅な線飾りがほどこされており、挿絵ページは文字にちなんだ物語が石版印刷の特徴を生かした優らかな線と上品な色合いで描かれています。舞台芸術家でも活躍したベヌアならではの視点で、構図も面白く、細かいところまで「演出」がきいていてユーモアもあり、見た人を楽しませたいという思いが伝わってきます。それは、まるで映画や舞台のワンシーンを写真で撮影したかのようにも見えます。型押しのある凝った表紙、落ち着いた渋い地色の風合いのある本文ページの紙の選択など、クラシカルな雰囲気を大切にした造本のこだわりもお楽しみください。

………………………………………………………………
アレクサンドル・ニコラエヴィチ・ベヌア(1870〜1960)
帝国美術アカデミーで学ぶ。サンクトペテルブルグの芸術一家で育ち、若いうちに挿絵画家や舞台デザイナー、美術史家、批評家として活躍し、ロシア芸術界に大きな影響力を持っていた。『芸術世界』の創刊編集メンバー。デァギレフが率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)の主要な舞台デザイナーとして活躍。モスクワ・芸術座、ミラノ・スカラ座でも活動。
※ベヌア(フランス語読みでブノア)デザインのバレエ・リュス衣装は、現在国立新美術展で開催中の「魅惑のコスチューム バレエ・リュス展」で見ることができます。9月1日まで。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス