ロシアの新刊絵本と貴重な絵本関連グッズをお届けします
ホーム絵本ロシア絵本・カバコフ画「通りはとこから?」
商品詳細

ロシア絵本・カバコフ画「通りはとこから?」

販売価格: 2,750円 (税込)
数量:
思索にとんだカバコフ絵本


ハードカバー 205×270 88ページ オールカラー

【ダイアリーより】
イリヤ・カバコフ画、クリーヴィン作の「通りはどこから?」という絵本は、あらゆる事象に疑問符を投げかけ、その意味について、また認識想起のために次々と語られる文章が、ピンクの横断幕のようなスペースに書かれているというデザイン。

なぜ、冬は寒いのか?タンポポの綿毛はどこに行くのか?通りには何軒家があるのか?などなどについて語られる内容やひとつひとつの言葉は、もちろん暗示的であり、逆説的であり、一筋縄ではない。

カバコフは、街の風景や人々の表情を横断幕からのぞいているスペースに淡々と切り取って配している。一見窮屈そうに見せておいて、その閉塞感を、ところどころに出でくる文字のない見開きページでスコーンと解き放つ。

街中に張り巡らされた宙吊りにされた思索の横断幕という表現は、それこそが暗示的で面白い。街中の風の中に、喧騒の中に、動物園の檻の前に、あらゆる問いは存在しており、そこから導き出される思考の軌跡もまたひとつの道(通り)を形づくってゆくのだろう。(直)






  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス