美しいロシア絵本の世界を是非お手元でお楽しみください。
ホームダイアリー
ダイアリー
ダイアリー:1254
«前のページ 1 ... | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 次のページ»
2012年10月15日

外が気持ちいい季節到来。なんといっても蚊がいなくなった…とは残念ながらいえないまでも随分少なくなったのは嬉しいこと。ですね。
2012年10月08日

これも大英博物館「死者の書」展のおみやげ。ポストカードです。パピルスに描かれたライオンとガゼルがセネトという盤上ゲームを楽しんでいる図柄で、紀元前1295~1069年のものだそう。動物の擬人化は当時の風刺画の一種だそう。何だかラチョフが描く擬人化した動物たちと通ずるものがありますね。リアルで媚びないのだけれど愛きょうがあり「人間臭くて」魅力的です。
2012年10月01日

もう終わってしまいましたが、大英博物館古代エジプト展のおみやげの「スフインクスあひる」。大英博物館のおみやげランキングでナンバーワンだそう。本当なんだろうか。でも人気者だっていうのはわかるかな。デスクに置いてると励まされます(笑)
2012年09月24日

暑い暑いと過ごしていたけれど、秋到来を感じる今日このごろ。萩の花が次々と咲き出し、通りすがりのお家の鉢植えには団栗が…。
2012年09月16日

「意外だね」と言われますが、映画「バイオハザード」シリーズのファンです。公開されたばかりのⅤを鑑賞してきました。今回の舞台はロシアの雪原の海底研究施設。その中の疑似モスクワ施設でのバトルもあります。アクションシーンの連続、豪華な作りでした。私が尊敬するミラ・ジョボビッチ(ウクライナ・キエフ出身です)はさらに美しく最強でした。
2012年09月12日

今朝の朝日新聞に江戸・明治期の動物博物図118点が見つかったとありました。公開も検討されているということで楽しみに待ちたいと思います。博物図好きなので嬉しいニュースです。
2012年09月04日

上はマヤコフスキー本人ですね。ロシアの偉大な詩人です。で、私生活では結構恋愛関係もつれ系美男子だったよう…みたいなことも含めて勉強中。詩も書き、絵も描き、戯曲、批評もばんばん。子どものための詩だって情熱的に書き、朗読会をして拍手喝采をあびていた。でも、37歳でピストル自殺。うーん。
2012年09月02日

9月に入りました。ふりかえれば、この夏の収穫は早起き習慣。朝陽が昇ってくるころ、愛犬と一緒に植物の水やり。花を摘んで朝のテーブルに飾る…。そしたら、9月に入ったとたん、昨日は久しぶりに雨の朝。恵みの雨でした。
2012年08月27日

家族で手花火をしました。ささやくように「パチパチ」と爆ぜるさまが儚くて美しい線香花火は夏の終りに似合う…なんてしっとり思ったりしていましたが、そのあとうっかりテレビで「プレデター」を見てしまい、情緒的な気分はすっかり消え失せてしまいました。
2012年08月24日

もう、夏も終わりですね。植物たちも秋を迎える風情になってきたような。でも、まだまだ暑い暑い。
2012年08月17日

菜園のアイドル「カメ吉」君。ほかにメダカもいます。蛙を飼ったり、アイガモ!を飼ったこともあるそう。おみやげの白なすは、ごまみそ田楽風に。ねっとりとクリーミーな食感でとてもおいしかったです!(菜園のブログhttp://shop.ruralnet.or.jp/blog/
2012年08月11日

土のない屋上ですが、枕木で囲いを作って土を入れたメインの畑のほか様々な容器に土を入れて作物を育てています。コンテナ、ポリバケツ、トロ箱…。上からぶどう、白なす、けつめいし、その上の容器はどんぐり(多分コナラ?)の発芽。いろいろな人が勝手に植えていったりもするそう。懐の大きな菜園です。
2012年08月03日

東京港区赤坂にある(社)農文協さんhttp://www.ruralnet.or.jp/の社屋の屋上にはすごい菜園があります!その菜園のお世話をしている園芸部の知人が「見ごろですよ~」と教えてくれたので、ウキウキ出かけていきました。そこは、サンサンと降り注ぐ夏の太陽の下、ありとあらゆる野菜が、稲が、果樹が、水草が、生き物が…密度濃く生命を唄い合うとてつもなく贅沢な場所でした。たとえば、ごくごく狭い範囲を見ても、トマトが色づき、そのすぐそばでササゲ豆が育っていて、赤紫蘇も元気で、という具合。で、菜園だと思いきやバラだって咲いているんですよ~。まるで植物の宝石箱です。続く。(この菜園のくわしい様子はhttp://shop.ruralnet.or.jp/blog/で是非どうぞ)
2012年07月30日

家の壁を何かの蔓が登っているなぁと思っていたのですが、ある夜、花が咲きました。まるで神経細胞?みたいな不思議な花。調べたらカラスウリの花でした。夜だけ咲く花はとても神秘的。実になってくれるといいな。
2012年07月26日

3月に刊行された東京子ども図書館発行「絵本の庭へ」ブックフェアへ。収載絵本1157点すべてを手にとって見ることができるのです!知らなかった絵本、タイトルだけ知っていて初めて読む絵本、おなじみの絵本…。静かに興奮しました。それから嬉しいことに松岡享子氏の読み聞かせの会も見学でき、嬉しさ倍増。2階の特設?販売コーナーで初めて出会うロバの素敵な絵本と、なんともう販売されていた来年のカレンダーを買いました。
2012年07月23日

初めて百合(カサブランカ)を球根から植えてみました。つぼみの時期が長~いので咲いたときの喜びはひとしおですね。香りも素敵です。すっかりファンになりました。
2012年07月20日

今日は一気に気温が下がりました。「季節が逆戻り」と気象予報士は言いますが、どちらかというと、この先くる秋を疑似体験しているような気分。特に雨の午後、SEKAI NO OWARIの曲を聴いていると。
2012年07月16日

新しいチラシを作りました。裏はファックス用のご注文表になっております。ご入用の方ご連絡ください。また配布してくださる方、お店などに置いてくださる方々募集中です。よろしくお願いいたします。
2012年07月09日
高層ビルをバックにラチョフ作品の「マーシャとくま」の旗がゆれていました。いわさきちひろの美しい水彩画のポスターは、雨の街に似合いますね。

2012年07月05日

庭の片隅で赤い実を見つけました。本当に美しい実ですね~。調べたら、挿し木で容易に増やせると書いてある。本当なのだろうか。やってみよう。
«前のページ 1 ... | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス