美しいロシア絵本の世界を是非お手元でお楽しみください。
ホームダイアリー
ダイアリー
ダイアリー:1539
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... 77 次のページ»
2020年07月06日

引き続き九州の雨を心配している。
このところ結構な工事の音が響いていて、窓から大きなクレーンが見える。ヒマワリの鉢のカマキリ、昨日は見かけなかったけれど今日はいたいた。ご機嫌は…わからない。

2017年B I B 世界原画展金のりんご賞受賞画家アンナ・デスニツカヤによる立体造形写真絵本「二台の路面電車」。二台の電車の名前は、クリークとトラム。2台は朝仲良く出発したのだが、やがてクリークがはぐれてしまい不安の中夜の街を走ることに。そして、トラムはクリークを探し回る。二台はモスクワの街中の線路を走りながら再び会うことが中々できない。

詩を書いたのは。オシプ・マンデリシタム。この詩は1925〜25年に書かれており、絵本ではデスニツカヤが当時の街中の建物や風景、人々の様子を紙や布、針金などの素材を生かして当時を再現。夜の場面が多く枯葉も落ちて物哀しさもあり、迷子の電車の不安も伝わってくるが、素朴な路面電車の佇まいからは懐かしさや優しい温もりも感じられる。全体的的には文字や電車の地図などとのコラージュや電車の軌跡の矢印などデザインを効かせており、素朴さやノスタルジー感をスタイリッシュでコンパクトにまとめあげているといった感じだろうか。遊び心もあり面白い。

ロシアでは1880年に初めての路面電車がサンクトペテルブルクに登場、モスクワでは1899年に走り出した。以降市民の足として定着し、一時期廃れるも環境面などから人気を取り戻し今も活躍している。

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/480
2020年07月04日

オンラインオープンルームありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

九州で川が氾濫し甚太な被害だ。その光景に言葉もない。本当に水は怖い。水だけではない。風も怖い。地震も怖い。そして今はウイルスも。人間は無力だ。無力なりに備えをして注意を怠らず日々を重ねてゆくしかないということか。

このところ鉢植えの園芸種のヒマワリに多分同じ1匹のカマキリがいることに気づいて親近感を覚えている。まだ小さくて華奢だけれども夏の盛りあたりには逞しく大きく成長していることだろう。

でも、実際は夏の盛りどころかカマキリの明日のことさえ何もわからないというのが本当のところだ。カラスはいるし、他の鳥もいる。激しい雨も苦手だろう。あとは蜘蛛。なので明日ヒマワリの葉を探しても会える保証など何もない。

だからこそ、会えたらいいなと思っている。明日も。(直)





2020年07月03日

こんにちは。
明日午後はオンラインオープンルーム。ロシア絵本に興味のある方はお気軽に遊びにいらしてください。予約個別対応。お申込みはこちらからhttps://admin19.ocnk.net/admin/index.php?go=contact


「少女・白鳥…北の物語集」にはロシアの北部地域・民族の、すなわちチュクチ、ネネツ、ネギダール、エスキモーなどのお話が収録されている。

動物のお話がメインだが人間と動物が関わる
「少女・白鳥」と「扉のそばの虎」というお話があり、その2つともが、厳しい自然の中で暮らす人間の辛い状況も伝え胸に迫る。「白鳥の娘」では、女の子が継母に食事を与えられず、白鳥に助けを求め白鳥になってしまうお話。また「扉には虎が」では、虎の餌食として差し出されてしまう男の子が主人公だ。

キリル・オフチンニコフは端正だけれども温かみのある表現で北の民話の世界を丁寧に伝える。衣装や住居などもしっかりと描かれており当時の北の暮らしの実際を知ることができる。そして、独特の色使いと筆使いで描き込まれている自然の様子も素晴らしく、凛と美しい。

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/479

2020年07月02日

ソビエト時代を代表する動物挿絵画家エフゲーニー・チャルーシン。その息子のニキータ、孫のナターリヤ、ひ孫のアレクセイ、全員動物挿絵画家として活躍。すごい!

ナターリヤ(1964年生まれ)とアレクセイ(1992年)は現役画家であり、動物を写実的に描くチャルーシンの系譜は脈々と受け継がれている。現在ナターリヤがエフゲーニーとニキータの著作権を所有しており、アレクセイはその管理の代表をしている。

この「木馬の馬車に動物を乗せたお話」は文章はエフゲーニー、絵をアレクセイが手がけており、エフゲーニー生誕115年を記念して2016年に作られたものだ。

ニキータという男の子が白地にブチ模様ガラスの目玉の木馬の馬車を組み立てると、木馬は家を飛び出して、街を抜け、まずは森でうさぎを馬車に乗せるも、退屈と降りられてしまう。ハリネズミ、クマと出会い馬車に乗せるけれど中々うまくいかない。家に戻り今度はニキータを乗せて走る…というお話。

木馬の表現はとても生き生きとしているし、チャルーシン一族らしい森の動物のリアルな描き方にはユーモアも感じられる。繊細な自然描写など、お話の筋を追いながら細かい森の表情なども楽しめる絵本だ。

そう。きのこやベリー、カエルや蜂たちなどの小さな生き物などがたくさん出てくるのだ。そんな脇役たちにも注目したい。(直)

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/478
2020年07月01日

雨模様の日が続く。気温はこれくらいの方が過ごしやすいけれど湿度が高いのは困る。本を扱っているので乾燥も湿気も両方とも気になる。紙は敏感だ。

そして雨の日は眠い。きっと今眠ったら気持ちよかろうなどとと思ったりする。そうはいかないけれど。

オレイニコフの絵本に眠りをテーマにした絵本がある。ウサチョーフの詩とともに色々な眠りのシーンが登場する。猫やクマやうさぎなどの動物たちや蛍、恐竜!そして季節やシチュエーションも様々な眠りの風景が集められているが、中でもにコアラが団子になってくっついて眠っている「コアラ一家」の詩と絵は印象深い。

まるで木にコアラがなっているかのよう。固まって皆気持ちよさそうに眠っている。パパもママも。てっぺんで毛布にくるまっているのはお爺さん。面白いのはおじさん。彼は頭を逆さまにして眠るとある。よく見ると…あ、いたいた。それから、おばさんはハンモックで寝ているとある。

子どもたちはあくびをして夢見ているのだ。なるべく早く大人になり、大人のように一年中眠る!ことを。なんとまあ。である。

この絵本を見ていると眠くなる。(直)

詳細・設定 https://karandashi.ocnk.net/product/385
2020年06月30日

今日は月末の仕事をする日。今月もここまであっという間だった。というかもう1年の半分が終わってしまっている!ではないか。

今月もロシア絵本に関心を持ってくださる方々がサイトを訪れてくださることに励まされながらの日々であった。あらためて感謝をお伝えしたい。

ビリービンの「かえるの王女」。コンパクトなサイズが特徴のこの絵本には「マリヤ・モレーブナ」も収録されている。ビリービンの絵本はあらゆる形で繰り返し出版され続けていてその人気ぶりがうかがえるのだが、手軽なサイズでハードカバーというのはユニークだ。

蛙の王女の挿絵はほのぼの感もあり、立派なケーキも登場するし楽しい。イワンは黒髪で面白いデザインの帽子を被っている。お兄さんたちには髭があるけれどもイワンには髭はない。
表紙にはたくさんの男性が描かれているけれど、その髭のデザイン?が十人十色で面白い。

そして今日は阿部さんの畑のビーツで冷たいスープを作った。(直)

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/239


2020年06月29日

狐の横顔が印象的な表紙のこの絵本はロシアの動物挿絵画家エフゲーニー・チャルーシンの孫にあたるナターリヤ・チャルーシン作の絵本「森のお話」。

この表紙で、福音館書店の、ちいさなかがかくのともシリーズの中でまず発行され、後に幼児絵本ふしぎなたねシリーズで「もりのてぶくろ」として出版されている絵本を想起された方も多いことと思う。

でも、このロシア語の「森の絵本」と日本の「もりのてぶくろ」は同じようではあるが違う絵本だ。大雑把な言い方になるけれど。まず絵だけ見ていくと同じ(※ような)絵も多く同じような流れ進行していき終わるのでパッと見れば同じ!と思ってしまうのだが、内容=文章は違っていて、端的に言うと、このロシアの絵本はてぶくろがテーマの絵本ではない。

ロシア版では黄色いトウカエデの葉が地に落ち、動物と出会いそして最後に男の子に拾われてゆくまでのその時々の思いや心情が綴られているのだ。そのため、※日本版とはほぼ同じようだが違う絵、例えばロシア版ではうさぎは葉っぱを踏んでいない、という表現が出てくるのである。うさぎの顔、体制は同じであるが。

テーマも異なるが日本の絵本よりロシアの方が文章量も多く、内面描写も細かい。総合すれば、なるほど表紙の表現も異なってくるわけか…。先入観を全然持ってなかったのでこの展開には驚かされた。

双方の絵本の成り立ちを詳しくは知らないので、もしかすると「同じ」という文言を使うことは間違っているのかもしれない。言えるの両方とも森や動物たちの様子がとてもよくわかる素敵な絵本であること、だ。(直)

詳細・詳細 https://karandashi.ocnk.net/product/477
2020年06月27日

オープンルームありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

カランダーシで扱っているポストカードたち。ビリービンやマーヴリナ、ヴァスネツオフやアヴァンギャルド絵本のものや「セリョージャとあそぼう!」のオリジナルポストカード3種もある。

求めていただく方がいらしゃるのはとても嬉しい。季節のご挨拶などに使っていただいたり、また部屋に飾っていただいたり、コレクションに加えていただいたり用途は様々だと思う。

私自身色々なポストカードを集めている箱を持っていて、それを見出したら止まらない。ためているだけではなく使ってもいる。相手の方のことを考え、あれこれ考えながら選ぶのは楽しい時間だ。(直)

ポストカード https://karandashi.ocnk.net/product-list/8
2020年06月26日

明日午後はオンラインオープンルーム。予約制個別対応です。話題、おすすめ絵本のご紹介やこんな絵本を見たい!にお応えします。遊びにいらしてください。申込 https://karandashi.ocnk.net/contact
………………………

白いたまご型の枠の中に荷物を持ったひよこを配した表紙が目をひくダヴィト・ハイキンの「 ひよこさんてくてく」。色使い、そしてデザインも印象的だ。ハイキンの芸術活動はポスター制作から始まり、後に児童文学雑誌の仕事にずっと携わっている。

ハイキン(1927〜2008)は主に文章量の少ない小さな子どもの絵本、すなわちテキストの挿絵ではなく絵が主体となるような絵本を好んで作り、ロシアでは大変な人気を博し児童書挿絵における賞をいくつも受賞している。

小さなひよこのひたむきさが伝わるこの絵本。ひよこを、応援しているうちにこちらも励まされる。

詳細・画像
https://karandashi.ocnk.net/product/429


そして今晩は阿部さんの畑のビーツ
https://karandashi.ocnk.net/diary-detail/1496 で作ったボルシチ!

2020年06月25日

朝は雨。今日は鉢植えたちに水遣りしなくていいんだと思ってちょっとホッとする。そんなに大変なことではないけれど、欠かす事のできない大事な日課だ。

その際、如雨露から溢れた水を飲みに来るスズメがいたり、カマキリに威嚇されたり、蝶々と正面衝突したり、蜂に追いかけられたり、鉢底に見たこともない奇妙な虫?を見つけたり…と小さな生き物たちと触れ合うことは多い。


「静かに、静かに、森の中で」(ビャルコフスカヤ作/画)は、森の中の小さな生き物たちの様子をそっとのぞいてみた絵本。そこでは、うさぎが朝食後に松の小枝で歯を磨いていたり、蟻たちがたまごを抱いて子守をしていたり、きのこのかさにたまった雨水を飲むハリネズミ。

親キツツキが切り株の木の裂け目に松笠を挟み、中にある実をとるべく勢いよく突いている。「キツツキの鍛冶場」という言葉だけが添えられている。キツツキの子どもたちが一心に見つめ学んでいる様子が描かれている。

日本でいうところのカラスノエンドウのような実とネズミたち。キノコを集めるリスの薬屋さん…絵を見れば小さな生き物が何をしているのかわかる。そこから読者はお話を作ってゆけるし、それはきっと楽しいことだ。

表紙に男の子と女の子が出ているが、絵本の中には登場しない。その子たちの視線で描かれているからだ。息をひそめ、気づかれないようにすることが肝要だ。そっと、そっと生き物たちの生活を邪魔しないように。

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/290
2020年06月24日

7つの望みが叶う魔法があったらどうするだろう。結構悩む。悩んで一生を終えそうな気がする。

「7色の花」(カターエフ作・ブラートフ&ヴァシリーエフ画)の中で、主人公のジェーニャは次々と魔法の花びらを使い望みを叶えてゆく。昔の森英恵デザインをちょっと蓬髪とさせるような黒地に蝶々柄の服を着たおばあさんに、何でも望みを叶えられるお花をもらったのだ。

彼女は世界平和のことなど考えない。身近な出来事から願いは生まれる。まず犬に食べられたバランキという輪っかの形の乾パンを取り戻したり割れた花瓶を元通りにすることから始まり、北極へ行き、こわい北極グマを檻に入れ、世界中のおもちゃを集め、それを戻し、最後に足が悪く歩けない少年ヴィーチャに出会う。そして…というお話だ。


ブラートフ&ヴァシリーエフの挿絵はこの不思議な力を持つ花を各ページにとても大きく配し、ちぎられてゆく花びらも印象的に描いている。少女が主人公だが、お花こそこのお話の主役であることを強調した描き方だ。花びらが減ってゆくことで時間の経過も伝わる。

そしておばあさんの服の柄と同じ蝶々が多数登場するのも幻想性を高める。おばあさんの姿はそこに見えないけれど、あたかもおばあさんがずっとそばにいるようだ。

ソ連時代、芸術家たちは思うような表現活動をすることは許されなかった。ヴラートフ&ヴァシリーエフも。絵本を作るのは食べるためのあくまでも仕事だった。彼らだったら魔法の花にどんな願いをしただろうと思う。(直)

詳細と画像 https://karandashi.ocnk.net/product/353
2020年06月23日

今日はオンラインクニーシカの会を開催。先月は私がhangoutの使い方であたふたしてしまいテンヤワンヤだったのだけど今月はうまくいってホッとしている。テキストもどんどん進んで、これはまたたくさん予習しなきゃ!である。ふう。そして来月はまた参加形態を工夫できればよいなぁと思っているところ。

さてさて、本日は嬉しいレターパックが届いた。畑ででとれたてのビーツ。知人の阿部さんが丹精されたものだ。阿部さんは久しぶりにお会いしたら本格的に農業をしてらしてびっくりしてしまったのだけど、ビーツを作ってる!ということから、送っていただいたり以来あれこれビーツ交流をさせていただいている。

そんな阿部さんが、個人向けにビーツ直送をスタートさせたという。これはビーツを愛する者にとってはとてもありがたいこと。ビーツはボルシチだけではなく、生のままマリネにしたり、茹でてサラダにしたり、冷たいスープにしたり、きんぴらにしたり、その用途は実はとても広い。栄養価も高く夏バテ防止にもおすすめだと思う。

60サイズの段ボール(1500g〜1800g・送料込1500円〜)かレターパック(1500g・送料込 1300円)で直送してくれる。
ご注文・連絡先は y.abe741@gmail.com まで。
お名前は阿部義和さん。
Facebookからでも。(直)


2020年06月22日

やっと夏の鉢花への植え替えをいくつかすませた。久しぶりに行った園芸店では山葡萄の鉢植えを見つけて思わず購入。小さな実がすでについている。上手く色づいてくれたらいいのだけど。

お花模様がきれいな絵本「アコーディオンを弾こう!」ロシアの昔ながらの歌を集めた絵本でこれはアコーディオンの形ガリーナ・スカティナの絵はロシアの伝統的な花や鳥の描き方をとりいれ華やかだ。鮮やかな色使いにこちらの心も弾んでくるよう。ちなみにこの画家は先日ご紹介した「昼と夜」と同じ画家。また違った表現を見せてくれている。

ページを開くと両側にアコーディオンの演奏ボタンが描かれている。最後のページでは青年がそのアコーディオンを楽しそうに弾いている。

そして!この絵本の中にはカランダーシ刊「セリョージャとあそぼう!」の中にもある「がちょうのうた」も収録されているのを発見!ここにも注目していただけたらと思う。(直)

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/476
2020年06月20日

こんにちは。
今週はやりたい事もありちょっと張り切り過ぎたので反省している。来週から気をつけたい。

ヴァスネツオフ画のわらべ歌ポストカードの新しい4枚組セット。R・G・C発行で裏面に訳文も載っている。内容は左上から時計回りに「白鳥が小川をすーい」「カササギおばさん」「オンドリ」「ネコちゃん」だ。

白鳥のハガキは白鳥が羽根でお花にしぶきをかけている。涼しげなのだ季節のご挨拶などにちょうどいいのでは。お花がきれい。(直)
2020年06月19日

こんにちは。
明日のオンラインオープンルームはお休みいたします。また次回是非よろしくお願いします。急なお知らせですみません。

ラチョフ画の「さんびきのぶた」はまずは表紙のぶたたちが喜ぶ姿が愛嬌があり微笑ましい。それにしても半袖シャツ、セーラー服、タートルネックと着ているものは三者三様の季節感だ。

レンガの家を建てるのはタートルネックのこぶた。その堅牢な家にはすでに暖炉には火がはいって暖かそうだ。来たる冬にも備えて万事怠りないといった感じだ。備えあれば憂いなし。さすがである。

このところ寒暖の差が激しくて大変だ。今日はかなりの梅雨寒だけど、明日はまだ暑いらしい。ふと、レンガの家って涼しいのだろうかと思ったのだが、どうなのだろう。(直)


詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/375
2020年06月18日

「聖ヴァシリー大聖堂の秘密」(マリナ・ウリビィシェヴァ文/ナタリヤ・コンドラトヴァ絵)最初の章が「ロシアのシンボル」最後の章が「ロシアの誇り」となっていることからもこの大聖堂がロシアを代表する存在であることがわかる。

この絵本は、その建物としての構造や歴史、名前の由来、逸話、伝説などをわかりやすく説明した大聖堂の入門書のようなものだが、色調を抑えた手描きの水彩画の挿絵で重々しい内容もソフトに伝えている。

頭に玉ねぎ(ドーム)をいただいた聖堂(塔)を上から見て図解したページがあるが、なるほど、それぞれの塔の特徴や高さ位置関係がよくわかる。多分写真で見るよりもより理解できる。ありがたい。

モスクワに住んでらしたロシア語の先生によると、昔(ソ連時代)は近所だったので大聖堂は歩いてよく遊びに行っていたとのこと。今は有料でとても綺麗だけれども、当時は扉もなく出入り自由で落書きされていたりしていたとのこと。今からは想像できない貴重なお話だ。

2年前に訪れた時、聖堂の後ろの方に行くと、人もあまりいなくて地面には草が生えて案外のんびりした雰囲気だった。不思議な配置の窓と閉じられた扉の跡がありちょっと気になった。それこそ何か秘密めいているようで。(直)

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/474






2020年06月17日

季節は進み、お天気が良い日は朝早い時間からお日様のパワーが強くて眩しい。今日も暑くなるんだなぁと覚悟する。朝の風は爽やかだけれど。

チュコフスキー、カルナウホヴァ、カピツァらの昼と夜がテーマの詩を集めてガリーナ・スカティナが絵を描いた「昼と夜」という絵本。お日様とお月様には顔がありその部分が丸く窓のように切り抜かれているので、どのページでも同じお日様とお月様を見る、という仕組みになっている。ではあるが、それぞれのページの詩の世界に合わせてお日様もお月様もそれぞれ異なる表情を見せてくれる。

スカティナが描く挿絵は全ページで見開きの真ん中に木を配し、左ページが夜を右が昼を表現という構成。一本の木を界にして昼と夜を一望できる独特の世界が広がる。スカティナはこの幻想的なフレームに日々の暮らしや身近な動植物を親しみやすい表現で描きこみ情報量はかなり多いのだが一枚の絵としてまとめあげている。

色遣いに目を見張る。夜だってカラフル。また緻密で柔らかな線が描き出す人間や滑稽さも見せる動物、そして真ん中の木を始めとした植物たちの存在感も魅力的だ。

スカティナは1937年生まれで宗教絵画の分野でも活躍、祈祷書の挿絵なども手がけているようだ。それを知ると、なるほどと思うところはある。そちらの絵も見てみたい。(直)

詳細 画像 https://karandashi.ocnk.net/product/473
2020年06月16日

暑い!

先週「20世紀列車〜シベリア鉄道一万キロの旅」(NHKBS)という番組を録画して見た。FBで教えてもらって楽しみにしていた。旅する人は作家の村山由佳さん。この番組のために1か月に渡りロシアの旅をしたという。

この番組の初回放は1999年。視聴者のリクエストに応えるという形で現在この時を捉えての再登場らしい。旅番組だが、まずは人々のインタビューからソビエト崩壊後の混乱がまだ続いていることがよくわかる内容であった。

村山さんは、初めてのシベリア鉄道の旅のお供にトルストイの「復活」を抱え、途中トルストイの墓も訪れ、また抑留者であったという父親の足跡を辿り、ヨーロッパとアジアの分岐点などを始め各要所で鉄道を降り、人々の暮らしに触れながら、歴史を踏まえ実情を吟味しつつ、作家ならではの洞察力を伴った言葉を終始変わらぬ優しい声音で紡ぎ続ける。この旅がまた思索の旅であるという趣が車窓の景色を印象深いものにしてゆき、長い旅だけど途中飽きることもなく楽しんで見ることができた。

今日もシベリア鉄道はただただ原野をひた走っていているのだろう。どうやら7月からシベリア鉄道を代表するロシア号は新車両が投入され、なんと各車両にシャワーが完備されるらしいし毎日運行されるとのこと。停車駅が大幅に増え、15時間!も乗車時間が増えるらしい。(直)

シベリア鉄道の旅を絵本で!デスニツカヤ画「シベリア鉄道ー出発進行!」
https://karandashi.ocnk.net/product/411

2020年06月15日

「カムチャツカの隣人たち」は カムチャツカ半島クロノツキー保護区で2010年〜2011年の一年余り監察官として暮らした自然写真家 イーゴリ・シピレノク の写真と詳細な文章を纏めたもの。

隣人たちとは保護区に生息する動物たちのことで顔馴染みの動物には名前もつけ観察している。そしてこの一年余りの日々の記録は当時ネットで随時発表され多くの反響を呼んだのだが、その視聴者との質疑応答などの交流も収録されている。この写真集の大きな特徴だ。

距離は離れていても世界中の多くの人たちが1人の写真家が発信したカムチャツカの隣人たちの様子をつぶさに見ることができたのは得難い体験だっただろうと思うし、この写真集はその多くの人々たちにとっても貴重な記録となっているはずである。

もちろん雄大な自然の姿や四季の移ろいにも注目だ。クリュチェフスカヤ山の姿は美しく、ツンドラ気候の冬はあくまでも厳しい。

動物たちと写真を通して目が合う。息を呑む。隣人たちとの対峙のひととき。彼らに私たちはどう映っているのだろうか。(直)

詳細・画像




2020年06月13日

オンラインオープンルームありがとうございました。作家やジャンルなどのリクエストも大歓迎。今後ともよろしくお願いします!

強く降ったり、しとしと降ったり今日は梅雨らしい1日だった。出かけるのも億劫になるけれど画像真ん中の「モザイカ 詩を集めたよ」( カラウーシン画/セローバ詩)の表紙のハリネズミは傘を持って実に嬉しそうだ。お気に入りの傘なのかもしれない。持ち手がおしゃれ。背景のきれいな赤色が心弾ませる。

赤といえば、今週驚いたことがあった。いつも郵便物を投函していたご近所の赤いポストが何の前触れもなく忽然と無くなってしまったのだ。どうやら周辺含めてわりと大掛かりな工事が始まるらしい。工事が終わったら、ポストは戻ってくるのだろうか。戻ってきてほしいな。(直)

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/440
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | ... 77 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス