美しいロシア絵本の世界を是非お手元でお楽しみください。
ホームダイアリー
ダイアリー
ダイアリー:1541
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... 78 次のページ»
2020年09月03日

都内でそんなに遠くない場所同士でオンラインで話していて、こちらは晴れてるけれど向こうは雨なんてことがある。局地的という言葉を実感するわけである。今日日中は蒸し暑く雨は降らなかったが、風吹けば秋の気配。

ビリービン画のポストカードと切手。ポストカードはプーシキン作「サルタン王物語」「金の魚」「金鶏物語」の挿絵から計12枚。また切手は「うるわしのワシリーサ」「マリヤ・モレーヴナ」「金鶏物語」「鷹フィニストの羽根」「サルタン王物語」から5柄5枚セットとなっている。

ポストカードは、作品による表現の違いがわかるのだが、特に「金の魚」は1933年作でフランスに亡命していてそろそろロシアに戻りたいと思っていたらしい頃の作品で興味深い。

資料など見ると同じ作品を1908年にも手掛けている。同じような場面も1908年の方はどこかのんびり感じられる。1933年の方はより写実性を重んじているのがよくわかる。

本国の革命以降のアヴンギャルドの流れとは逆行するかのように、他国にあってよりリアリズムを追求する姿勢を見せていたビリービン。

彼は念願叶って1936年にロシアに帰国している。(直)
2020年09月02日

画像右側は資料の棚にある猫の絵本。1972年のものだ。表紙も猫なら中も全部猫の猫づくしの絵本「ねこちゃん、ねこちゃん」だ。猫がテーマの詩に合わせて白猫、黒猫、三毛猫、トラ猫…全部で10匹登場する。

どの猫も大きな眼の表情が印象的。吸い込まれそうな水色の眼の猫もいる。また皆さんフサフサの尻尾を持っている。本当にどの猫ももちろん詩の世界を体現しているのだが猫としてとても素敵だと思う。

実はこの絵本、クニーシカの会の前身のロシア絵本を読む会で最初に取り組んだ絵本。といっても、ほとんどベテランの先輩が訳してくださった。懐かしい思い出だ。それから、画像左側の復刻版を見つけてカランダーシで扱うようになった時は嬉しかった。

この72年版、猫の姿にカッテングされたせっかくのフォルムに中の詩のページのところのデザインが上手く当てはまってなくて、えっ?というところもある。それはそれで味わい深さもあるのだけど、復刻版では、その辺りはしっかり修正されている。

今にもニャアと言いそうな。言ってもおかしくないような。そんな絵本である。(直)

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/334

2020年09月01日

昨日は結局雨が降り、草木もホッとひと息。水遣りをしなくていい朝にこちらもホッとひと息だけど台風は心配。

「西瓜は誰のお腹に?」はヴァレリー・ゴルバチョフ作のコミック絵本。ソビエト時代に子どもの雑誌で活躍した著者が届けるちょっとおっちょこちょいで憎めない子ブタとその仲間たちの田園での愉快な日常のお話。小さなお話が8編入っている。

手描きのペンで描かれた動物たちは、それぞれ個性的で生き生きとしている。くるくると表情が変わり魅力的だ。ペンのタッチと淡い色彩で、うるささはなく優しい印象だ。また自然豊かな背景も長閑。

ほのぼのしててユーモアがあり夢がある。ロシア語の勉強にも!
詳細と画像 https://karandashi.ocnk.net/product/500

2020年08月31日

今日は月末なので月末ならではの仕事もしつつ、時折雨が降りそうで降らない窓の外を眺める。暑くてもモリモリと元気なベコニアとジャスミンが見える。植物たちも雨待ち顔だ。

ローシン画の「マーシャとくま」の絵本。ピンク系の色合いが柔らかい印象を与える表紙。何だかひとの良さそうなくまさんだ。身だしなみもきちんとしている。彫り模様をほどこした杖もおしゃれだ。

実際、このくまさんは、留守に家に入ってきたマーシャを閉じ込めるものの結局賢いマーシャの知恵に騙されて丁寧にマーシャの家までマーシャ送り届けてしまうちょっと情けないくまさんなのだ。

絵本の中の挿絵もやはりピンク系の色が使われていて優しい雰囲気。くまさんも朴訥でおっとりしていてどこか憎めない。冷めた表情で抜け目のないマーシャよりも愛嬌があるくらいだ。

裏表紙にも注目だ。うーん、小娘にしてやられた!といったがっかり感を漂わせ頭を抱えるくまさんが描かれている。シブくて中々いい表情だと思う。(直)

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/498

詳細・画像
2020年08月29日

オープンルームありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
それにしても今日は暑さが厳しかったことよ。

「木の絵本」再入荷。立てて置けるのでテーブルや棚の上で楽しめるのが魅力だ。1ページずつ表情が異なり、様々な小さな動物や鳥や虫たちが登場する。

くり抜かれている穴から別のページの木の様子をのぞけるのも楽しい。背景には明るい森が広がり鹿やハリネズミの姿も見えたり。

3箇所、指でスライドできる箇所がある。そこでまた木と鳥たちの関係を知ることとなり、この木が紡ぐ生命の物語に触れることとなる。

それにしてもこんなに複雑な形状の絵本をこんなに美しく仕上げる心意気は素晴らしいなぁ。素敵な絵本だ。(直)
詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/497
2020年08月28日

お昼頃出かける時に雨がちらっと降った。夜から朝にかけても降ったらしい。まだとても暑いけれど少しずつ秋の気配を感じる今日この頃だ。そういえば夜中に庭で猫が鳴いていたような幻だったような。

明日は午後2時〜5時オンラインオープンルーム。簡単なプログラムもご用意。ロシア絵本のあれこれをご案内。話題の絵本や季節の絵本をなどをご紹介している。

ご予約いただいた方に個人対応させていただいている。お気軽にいらしてください。(直)
2020年08月27日

ロシアはきのこ王国。
ロシアの人たちは、たとえば「わいわいきのこのおきわいかい」に登場するきのこあたりについては皆さん当たり前のように知っている。

以前その「わいわい…」でお世話になった国立科学博物館の保坂博士にうかがったのだが、日本は山が多く高低差があることを始め狭い範囲で植生も含め環境の違いが大きいので、その分きのこの種類の裾野も細かく増え、種類の特定が難しいことも多いそうだ。

その点、ロシアは基本平地で広い範囲で環境が安定している場合が多く、白樺の林など植生にも特徴があるため、きのこの特定がしやすいようだ。

新入荷のきのこ図鑑をご紹介。ヨーロッパ地域(西側)のものだ。このハンディなきのこ図鑑はきのこの鮮明な現場写真を用い、1種類で1ページを使って丁寧にその大きさ、色、形などの特徴や成育環境などが述べられている。種類によっては簡単なお料理メモも。

アルファベット順のせいだからなのだが、まず最初に登場するのがきのこの王様ヤマドリタケ(Белый гриб)。人気のきのこだ。ロシアできのこ狩りをした時、このきのこを見つけた時のリーダーの喜び方はほかのきのことは明らかに違っていた。美味しいですものね。

画像のミミズクは、カランダーシの部屋の物知り博士。デスクの上にいて、分からないことは何でも教えてくれる(設定)。

この図鑑は博士推薦でもある。(直)
詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/496
2020年08月26日

鉢植えの園芸種のひまわりは、毎日のように新しい花を咲かせ長い間楽しませてもらってきたのだけど、さすがに勢いが衰えてきて花も小さくなり、黄色いマーガレットみたいになってきた。この鉢植え。説明書に100輪花が咲くと書いてあったのだが、多分それくらいは咲いたと思う。カマキリはいなくなって久しい。

品切れしていた絵本たちのいくつかを入荷している。扉を開けて楽しむ絵本「扉絵本・ロシアの民謡・童話」。もっと知ってほしい北の地方のお話たち「少女・白鳥ー北の物語集」。心浮き立つ華やかな絵本「アコーディオンを弾こう!」。テキスタイルを絵本に取り入れた幻想的な世界「言いつけを守るうさぎ」。(直)
2020年08月25日

今日はクニーシカの会。1ヶ月ぶりに皆さんとオンラインでお会いしてテキスト絵本を読んでいった。

今日の箇所。偉大な魔法使いが登場するわけでもなく、1羽の雄鶏の無意識の行為が物語を大きく展開させてゆくのだが、そこに見るロシアらしさ、ロシア文学らしさについてなどなどコズリナ先生からお話をうかがった。

現在のテキストはあと1、2回で終わる。次のテキストはウスペンスキー作。動画と合わせて楽しめる予定。興味ある方は是非!(直)
2020年08月24日

つくつく法師が鳴いている。昨日今日と少し暑さが和らいだような。ありがたい。

「海辺のミッフィちゃん」をご紹介。ロシア語のうさこちゃん(ミッフィ)の絵本を手に取るのは実はこれが初めて。親しんできた絵本だけに素直に嬉しい。

この絵本シリーズはソビエト時代のロシアではまずもって出回ってはいなかったはずで、こうやってロシア語版が出版されてるのを見ると感慨深いものがある。

日本語版は「うさこちゃんとうみ」(福音館書店)として有名だ。画像は娘が生まれた時に買ったもの。比べると表紙の背景の黄色、水着の色味などは少し違うし、またロシア版は背と溝に着色があるデザイン、それから見返しの使い方などの違いもあるようだけれど、同じ絵本だ。

ロシアでの刊行は2011年が初めてのことらしく、ちょうどそれが海外翻訳50カ国目だったようだ。昨日はディック・ブルーナの誕生日。あらためてその偉大な足跡に思いを馳せたい。(直)

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/494
2020年08月23日

オンラインオープンルームありがとうございました。

当初はとりあえずのつもりでスタートしたオンラインのオープンルーム。なんだかんだで数ヶ月が過ぎている。本当に訪ねてきてくださる方々に感謝している。状況を見つつ、やれる事、できることを考えながら進んでゆきたい。

オープンルームに間に合わせようと簡単なものだけどカランダーシの紹介スライドショーを何とか作ってみた。出来不出来は別として自分がなにをやっているのか見つめるよい機会になった。

来週はまだ暑い日が続くのだろうか。絵本に元気をもらいつつ日々大切に過ごしたい。(直)



2020年08月21日

明日は久しぶりのオープンルーム。
今回から、手作り感満載のカランダーシの短いプロモーション?スライドショーを見ていただいたり(実は今作っているところ)、ロシア絵本とは何?みたいなお話をぎゅっと凝縮してお話しさせていただいたり、それから簡単なプログラムとメニュー的なものもご用意。

例えば小さなお子さん向けの絵本や木の玩具、あるいは秋にぴったりな絵本、クリスマス…などテーマを選んでいただいて、それにお応えして絵本をご紹介させていただいたり。

もちろんお客様のご要望が最優先。とにかくせっかくなので楽しい時間を過ごしていただきたいと思っている。

よかったらどなたでも遊びにらいらしてください!

お申込みはhttps://karandashi.ocnk.net/contact




2020年08月20日

探し物をしていたら別の探し物が見つかる。ということがある。今日はもう諦めていたペンが見つかってバンザイ!でも、本命の探し物は結局見つからず。一体どこにいってしまったんだろう。

「けちんぼ君」という絵本。詩はジーマ・マシコフスカヤ、絵はヤロスロフ・マヌーヒン。おっきな白パンを噛んで食べている犬に次々に動物とたちがおすそ分けをねだる。

犬はパンを噛み噛み思案する。「あげようか、それともあげないことにしようか」と。で、結局「あげない!」と判断する。そして最後に雄鳥がやってきて、やっと「あげよう!」と判断した時にはパンはすでになかった、という内容。

白い背景に動物同士のやりとりの場面がすっきりと印象的に描かれている。いかにも欲張りという感じでもなく淡々と?悩んでいる犬君の表情などどこかユーモラスな雰囲気も。(直)
詳細・明細 https://karandashi.ocnk.net/product/492
2020年08月19日

日中の外出。少しでも雲っていて、少しでも風があると助かる。あとはもっと速く歩けたらなぁと思う。

一羽のひよこがひたむきに歩いてゆくお話「ひよこさんてくてく」の画家ダーヴィト・ハイキン。そのハイキンが表紙の絵を担当しているソヴィエト時代の「児童文学」という雑誌がカランダーシの資料の棚にあった。

桃色の空を白鳥が飛んでいる。気づいて見上げる街の人たち。雑誌の中を見るとハイキンの特集も組まれており「ひよこさんてくてく」の挿絵などもカラーで掲載されている。

1972年10月号。貴重な資料だ。(直)

https://karandashi.ocnk.net/product/429
2020年08月18日

ふと、昔不二家の桃のネクターがかなり好きだったことを思い出した。子どもの頃旅行先でキンキンに冷えたのを飲んで、何て美味しいのだろうと衝撃を受けたことが発端。今でも味は変わらないのだろうか。

チャルーシン画「こねこのチュッパは何故小鳥を捕まえないのか」は子猫のチュッパのお話。チュッパはすごく驚いたり、不思議だなぁ、面白そうだなって思ったら、チュプ、チュプ、チュプと鳴く。まだまだ子猫のチュッパは小鳥を捕まえてみたいけれど上手くいくのでしょうか。

他にも2つのチュッパのお話、チュッパとは別の猫と小鳥の話、犬、うさぎ、鹿、からすなどが主役のお話も収録されている。

リアルに描写された動物たちはお話の中であたかもそこにいるかのような存在感。
いきものたちの生命の尊さも伝わってくる。(直)
詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/491
2020年08月17日

暑い日が続いている。意識してこまめに水分補給している。今年は本当に色々気をつけなくてはならないことが多くて大変!だけど心して日々過ごしてゆきたい。

ビリービン画「物語とブイリーナ集」。民話、英雄叙事詩と共にレールモントフ作「商人カラシニコフの歌」などを網羅。編集の手を加え新たに読み物本として仕立てられた1冊。舞台美術や衣装画なども収録されており、ビリービンの足跡をたっぷり楽しめる内容だ。

表紙は「カエルの王女」の一場面。奥さんであるカエルの王女が作った装飾がほどこされたパンを自慢げに父親に差し出す三男坊イワンと困惑の表情を見せる兄たち。この挿絵のチョイスは中々素敵だなぁと思う。優しい色合いと華やかさのある表紙だ。(直)

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/490
2020年08月08日

オープンルームありがとうございました。
カランダーシは8/9〜16日お休みします。ご注文は自動受付。発送は17日以降になります。どうぞよろしくお願いします。

ロシアではきのこの季節がもう始まっている頃。カランダーシ刊「わいわいきのこのおいわいかい きのこ解説つき」にはロシアでは誰でも知っているきのこがわいわい賑やかに登場。国際アンデルセン賞受賞画家のマーヴリナが描くきのこの世界を是非お楽しみください!国立科学博物館の保坂博士によるきのこ解説も読み応えあり!ロシア絵本によく出てくるきのこを知るためにもおすすめ!(直)
2020年08月07日

明日は午後2時から5時まで個別対応オンラインオープンルーム。ご利用ください。次週はお休みです。

カランダーシは8/10〜16日までお休みします。ご注文は自動受付。発送は17日常以降となります。


今日は立秋。庭で水引が咲いている。この花は義母が好きだったので、つい先日お墓まいりに行った時にも摘んで持っていった。まだまだ暑いけれど季節は秋に向かっているらしい。

画像は 「しっぽ」( 昔話・アンドレイ・アセーエフ 画 )。昔、動物たちには尻尾がなかったのだけれど、ある日それがもらえることに…。きつねはふわふわした尻尾を選んで喜んでいる。そして最後になぜうさぎは短い尻尾なのかがわかるお話。(直)

詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/428
2020年08月06日

カランダーシは8/9〜16お休みします。ご注文は自動受付。発送は17日以降となります。よろしくお願いします。

「3月の追いかけごっこ」(詩/シリーギン・絵/メジェニノフ)。騒々しくも嬉しい季節の移ろいが綴られた表題詩。冬は一目散に走て逃げるけれど春は追いつき追い越せ!ロシアの春が来る喜びと期待感が溢れている。

そして森の動物たちの日常が綴られた詩が続く。メジェニノフ(1930〜2015)は柔らかい絵柄に落ち着いた色使いの深みのあるクラシカルな絵柄が魅力。テキストと絵を分けておりメリハリのついたページデザインもユニーク。

うさぎ、くま、きつね、おおかみ…お馴染みのロシアの森の動物たちが登場する。私のロシア語の先生はロシア式おおかみの吠え方がとても上手だ。私は上手にできない。頑張りたい。(直)


詳細・画像 https://karandashi.ocnk.net/product/489
2020年08月05日

暑い日が続いている。水分補給に気をつけながら無理せず過ごしたい。

「子どものための聖書」は旧約、新約聖書の主だった箇所が挿絵とともに収録されている。その挿絵が1つの箇所に2種類載っているところもあり驚く。同じシーンなのに、例えばそれぞれ異なる表現のイエス・キリストが描かれているわけなのである。背景だって違う。

なぜこのような編集をするのだろうか。と不思議に思わないでもない。でも、まずどの画家も実際に現場を見たわけではないので正解があるわけではなく、様々な表現があるのは当然であるわけで、ひとつのイメージに絞り込まないでより幅広いイメージを提供する、という意図なのかもしれない。などと思ったり。

多様な挿絵を楽しみたい。(直)

https://karandashi.ocnk.net/product/316
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | ... 78 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス