美しいロシア絵本の世界を是非お手元でお楽しみください。
ホームダイアリー
ダイアリー
ダイアリー:537
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... 27 次のページ»
2017年07月06日

マルシャークの詩、マイミトゥーリチの絵の「プードル」はおばあさんとプードル犬の日常を描いている。犬と暮らすことは楽しくもあり、大変なことでもある。おばあさんは一人暮らしだけれどプードルがいることであれやこれや忙しい。マイミトゥーリチは軽いタッチでおばあさんともしゃもしゃプードルを魅力的に描いている。素敵だ。
数年前、娘と西荻の街を歩いていた時、迷いプードルに遭遇したことがある。灰茶色のスタンダードプードルの子犬で途方もなく歩きまわっている感じだった。ご近所の方々と協力して保護して警察を介してすぐに探していた飼い主さんにお渡しすることができた。私たち親子は時々その愛らしい容姿を思い出して元気かしらなどと話をする。きっと今ごろは立派な成犬になっていることだろう。
それはそれとして、果たして犬って、迷子になったことを思い出したりするのだろうか。(直)

マイ・ミトゥーリチ画・マルシャーク詩「子どものための詩とお話集」 http://karandashi.ocnk.net/product/122
2017年07月05日

数年前に亡くなった義母は手芸関連の達人で、刺繍やお洋服作り、刺子やパッチワークと常に何か手仕事をしていた。娘のピアノの発表会のドレスも作っていただいて、それはもう見事だったのでお葬式の時にコーナーを作って皆さんに見ていただいた。
そんな義母の蔵書には手芸関連の本が多かった。今日はその一部を置いてある棚に用があり、数冊のうち何だか「レース」の文字にひかれて一冊手に取りページをめくってみた。表紙をあけるとすぐに幼い子どもの字のお誕生カードが挟んであった。ということは…これは私たち家族からの贈り物だったのかしら。情けないことにはっきりと思いだせないのだけど。でも、だとしたら、きっと喜んでいただけた本ではなかったかなと今さらながら思う。手仕事の粋を集めた見事なレース作品の数々は優雅で美しくてため息が出る。きっと手仕事がわかる人が見たらまたさらに深く楽しめるのだろうな。と思う内容だった。
とてつもない手間がかかっているけれど、レースの印象は軽く涼やか。
見ている間は今日のじっとりとした暑苦しさを忘れられた。(直)
2017年07月04日

娘が教えてくれたのだけど、WWFジャパンが「WITHスタンプ」キャンペーンというのをやっていて「…自分の名字の漢字に、絶滅危惧種の動物シルエットをあしらったオリジナルのハンコ(スタンプ)の広がりを通じて、野生生物や自然環境の保護活動を支援する」ということらしい。サイトの空欄に自分の名字を入力するとすぐにそのスタンプが出てくる。このデザインで印鑑を作ることもできて収益の一部は保護活動に寄付されるとのこと。
私の場合、絶滅危惧種の動物はアムールひょうだった。お、なんだかかっこいいな。しかもロシアと縁のある動物だ。そのサイトによるとアムールひょうは一時30頭まで減ったが現在は60~70頭まで回復してきているとのこと。ということがわかったとくだけでも意味はあるのだろう。
極東地方の自然やお話を描くパヴリーシンの絵ハガキにもアムールひょうは登場している。捕われて命はすでにない状態だけど、元々森に住む人たちは無駄な狩りはしない。侵入者による密猟や環境破壊が絶滅危機の原因だ。

さてさて、台風は今どこなのだろう。(直)

WWFジャパン http://www.wwf.or.jp/staffblog/2017/06/with.html

パヴリーシンポストカード http://karandashi.ocnk.net/product/184
2017年07月03日

ロシアの動物民話に登場するきつねは女でずる賢い。と大体性別も性格もほぼ決まっていて、いろいろなお話で期待?を裏切らないずる賢さを発揮している。「カラボーク」=日本では「おだんごぱん」という名前で知られているお話でもしかり。ロシア人は最後にずる賢い女狐が登場しておだんごぱんを食べてしまうとほぼ100%で思っているはずだ。上画像の左ラチョフの絵本でもそうだ。
でもアメリカ人のマーシャ・ブラウンが絵を描いた上画像右の「パンぼうや―ロシアのむかしばなし」はどうだろう。日本語版しか手元にないのだが、絵は男っぽいように見えるし、文中の語尾の感じから判断すると、登場するのは男狐だ。これはなかなか新鮮。この絵本は文章もマーシャ・ブラウンなのだが(さく・マーシャ・ブラウンとあり原作などの記載はない)、狐を何故男という設定にしたのだろう…なんて思ったりもする。表題にロシアのむかしばなしとあるので、参考にしたお話などはあったはずで、それの中では多分狐は女だったと思われるからだ。
実際の狐界にはもちろん男も女もいる。モスクワ動物園に行った時に一番印象深かった寝言をいっていたあの狐はどちらだったのだろう。

ああ、それにしても蒸し暑い…。(直)

「パンぼうや―ロシアのむかしばなし」http://karandashi.ocnk.net/product/185
「カラボーク」http://karandashi.ocnk.net/product/137
2017年07月03日

コナシェーヴィチ画「お楽しみ集」の後半には子どもたちのためのアルファベットや数字などのちょっと教本的な内容が登場してくる。詩はマルシャークだ。絵を楽しみながらアルファベット一文字のために作られた短い詩を読む。そして一緒に覚えてしまうのはきっと楽しいに違いない。コナシェービチの絵は親切だしユーモアがある。基本はリアルな描写だけれど独特の軽みと柔らかさでに優しい印象。硬過ぎず、くだけけ過ぎず。そして、そう、子どもに対する温かいまなざしを感じる。それは大人の心にも嬉しい。ちょっとくすっとしながら楽しみたい。(直)


コナシェーヴィチ「お楽しみ集」http://karandashi.ocnk.net/product/50
2017年07月01日

「KOT」というロシアの猫の漫画をお借りしている。分厚い本。1ページがそもそも分厚い。一緒に暮らす男の人と猫1匹の日常漫画。実はこの漫画本はロシア漫画について調べているTさんが先週オープンルームに来てくださったのだが、その調べている内容は実際にロシアで暮らしていた人に聞いた方がいいと思ったので、月曜日にアーティストのKozulinaさんに会った際にお聞きしてみた。その際、話の流れで「こんな漫画が今ロシアにありますよ」と教えていただいた漫画作品だ。面白そうだなと思った。
で、木曜日に用がありカフェロシアさんに行った時、店長さんにまた漫画のことをたずねてみたのだが、やはり流れで「こんな漫画がありますよ」と出してきて下さったがなんとこの漫画本!ありがたいことにお借りすることができたのだ。で、Tさんにもこの漫画については連絡して、今日オープンルームにご足労いただいて見ていただくことができた。(また貸しになるのでお貸しすることはできなくてすみません)
そんな経緯で、今手元にある「KOT」。実はロシアの漫画本はこれが初めて。私なりにできる範囲で楽しめたら、と思う次第。
それにしてもなんでこんなに紙が分厚いんだろう。と思う。重くて厚くて持ち運びにはかなり不便だ。(直)

カランダーシの猫関連本
エルミタージュ美術館コンパクトサイズ猫画集http://karandashi.ocnk.net/product/203
猫の絵本http://karandashi.ocnk.net/product/182


2017年06月30日

威勢よく進む船。でも、見習い水夫(юнга)はマストにしがみついて仕事ができない…。これはベヌアのアルファベット絵本の1ページ。見ていると風も感じるし、船の揺れまで伝わってくるようで、見習い水夫に同情してしまう。優しい色、柔らかい線。美しいな。
そういえば、海に出かけたりということをしばらくしていないな。明日は土曜日。オープンルーム。

ベヌア画「アズブーカ」http://karandashi.ocnk.net/product/63
2017年06月29日

昨日ブリューゲルの作品を見てきたのだが、そういえば、どこかロシア絵本関連でその名前を見たような…と思って「絵本とイラストレーション」(武蔵野美術大学出版局)のページをめくった。お、これだ。芸術的な昔話絵本としてスピーリンの「ジャックと豆のつる」が紹介されていて、ブリューゲルの絵からの影響について記述があった。相当似ているところがあるらしい。隠し絵、騙し絵も描き込まれているようだし、これは俄然興味がわいた。この画家は先日の講演会でも現代のアーティストの一人として紹介した。ロシア人でアメリカで活躍している。
しかし、ロシア人がアメリカにに住んで16世紀ネーデルランドの画家の絵に影響を受け、英国の昔話の絵本を作る、ということはどういうことなのだろうか。うーん。素人にはわからない。とりあえずは実物を見てみたい。
(画像はカランダーシで扱っていたスピーリン画「火の鳥」の表紙。品切れです)(直)
2017年06月28日

雨の上野。もうすぐ終わってしまうブリューゲル「バベルの塔」展を見てきた。実はブリューゲルは夫の好きな画家で我が家のリビングには大きなバベルの塔のジクソーパズルが飾ってある。今回のバベルはもうひとつの方のバベルだけど、ふたつの作品はいわば兄弟。どんな感じなのか楽しみに出かけてきた。バベルの塔はヒエロニムス・ボスの作品やブリューゲルの他の作品など当時のネーデルランド美術をたっぷり鑑賞した後、最後の最後に登場する。ボスの作品はやはり印象深いのだが、後のロシアのルボークへの影響なんてことも考えてしまった。実際のところはどうなのだろう。
大トリのバベルの塔は列に並んで真近で見ることができた。もっと小さくもっと暗い絵だと思っていたのだが、思った以上に端正ですっきりとまとまった絵だとの感想を持った。印象もそんなに暗くはない。ボス系の不気味な絵をたくさん見た後だからそう思うのかもしれない。
バベルの塔兄弟対決?的には我が家の兄バベルの方は建て方がですでに危ない感じもするが、今日見た弟バベルは一見緻密で危なげがないように見える。だからこそ神に対する不遜さを表現しているのだろうか。
この絵は24年前にも日本へ来ているらしい。その時は見てはいない。子育て真っ最中だったな。ちょうど今現在のパンダのお母さんのように。(直)
2017年06月27日

きれいな七夕飾りを見た。今年もそんな季節なのかと思った。子どもたちの字で様々が願い事が書いてあった。「アイドルになれますように」「リレーの選手になれますように」などなど。
でもなぜ、笹の葉に願い事をするのだろうか。笹は中の空洞に神が宿るとされ神聖だから、また願い事については、もともと中国では七夕に裁縫上達の供え物をしていたのが、日本では和歌を書いて供えるようになり、ひいては字や芸事の上達を願うようになり、ついには願いごと全般になっていったらしい。七夕はアジア数か国にあるが、短冊を笹に飾るスタイルは日本だけらしい。
思い思いの子どもたちの願い事。未来の自分への希望や夢という内容が多いのは当然だろう。私自身が未来のことを何か願うとしたら、老後のことになるかな。
今日はつばめをたくさん見た。(直)
2017年06月26日

今日は午後から立川まで。アーティストのNadia Kozulinaさんに会って、彼女の大切な絵本を見せていただいた。私は絵本を見せていただけるのなら、かなりどこへでも行く。多分。
約束のカフェの背の高い椅子のテーブルで1冊1冊おしゃべりしながら絵本のページをめくる至福のひととき。これらの絵本は彼女の宝物。ロシアに置いてきたのだけど、このたび来日したお母様にわざわざ持ってきてもらったそうだ。その気持ち、よくわかる。
Kozulinaさんは先日の講演会でもお名前を出させていただいたけれど、ロシア絵本のロシアでの実際のところや文化的なことをよくご存知なので今日も色々教えていただいた。
しかし、本日一番驚いたのは、彼女が4歳のころからビリービンの民話絵本を自分で読んでいた!ということかな。す、すごいなあ。
そして、話は尽きないけれどあっという間に時間がたってしまった。濃いぶどうジュースのような時間でしたよ。(直)
2017年06月25日

1969年度版のマーヴリナのお話アルファベット絵本をお借りして見ている。絵や内容については「メルヘンアルファベット」(ネット武蔵野)という立派な邦訳版もあり、大変素晴らしいことは知ってはいたが、このソビエト時代に印刷された原書の紙と印刷の世界の何と深いこと。厚い艶のない紙に沈みこむインクの色。金や銀が重ねられているようなのだが、経年のせいなのか金はぬらっと重い色に見える。銀は白っぽく光っている。そして、さらにその上に細かい模様が重ねられている箇所もある。凝っている。美しい絵本を作りたいという思いが伝わってくる。
で、うーんと唸りながらもっとよく見ていくと、金の模様の部分が見開きの隣のページ同士写り込み合っていているのに気づく。インクの性質の問題だろう。これは作った当時は予想できなかったことと思う。だが、それもまたなかなか味わい深い眺めとなっていて興味はつきない。夜は更ける(直)
2017年06月24日

今日は通常通りのオープンルームだったが、有志によるロシア語絵本を読む会も始まった。ソビエト時代のモスクワでお子さんを育てた経験をお持ちのNさんからご提案をいただいていて、Ⅰさんが加わり、では、始めてみましょう。ということになっていた。そして今日オープンハウスに来てくださっていたTさんも急遽参加くださり、皆で資料用のソビエト絵本から1冊選んで辞書をひきながら日本語に訳して読み進めていった。カランダーシのクラブ活動のような感じで和気あいあいと楽しみながら続けていけたらいいなと思う。(直)
2017年06月23日

ちょっと遠出した先から直接向かった西荻窪「のまど」さん。「東京わざわざ行きたい街の本屋さん」の刊行を記念して行われた西荻の今野書店さん、音羽館さん、のまどさんの3軒の書店の店長さんのトークイベントに参加した。進行は著者の和気正幸さん。それぞれ44年、17年、10年と西荻の街で書店を続けてこられているのだが、3軒ともどうしても西荻でお店を開きたかったわけではなかったようで、結局それがご縁というものなのだろう。長く西荻にいらっしゃる今野書店さんが語る西荻の書店の歴史は感慨深かった。懐かしい書店の名前。消える書店、残る書店…。そして、新刊を見る。消えたと思ったていたけど場所をかえて営業している書店を見つけた。嬉しかった。(直)
2017年06月22日

アンデルセンの人魚姫の挿絵といえばいわさきちひろさんの絵を思い浮かべる。子ども心にこのお話は釈然としない思いが残ったことを覚えている。ちひろさんの水彩の絵ははかなく幻想的で、そしてもの悲しかった。ビリービンも人魚姫を描いている。表紙の姿はボッティチェリの「ビーナスの誕生」を想起させるのだが、全体を通して、美しくて気品があるお姫さま像だ。そして現代のロシア挿絵画家アントン・ロマーエフが描く人魚姫。こちらは表情も豊かで意志がはっきりとしている現代のお姫様。海の生き物が多彩で、ビリービンよりももっと南の海が舞台なのかなと思わせる。海水温が高そう。
それにしてもかなしいお話だ。(直)

ビリービン「人魚姫」http://karandashi.ocnk.net/product/89
アントン・ロマーエフ アンデルセンお話集 http://karandashi.ocnk.net/product/140
2017年06月21日

わらべ唄と聞いてどんなものを思いうかべるだろうか。私の場合、かごめかごめや通りゃんせ、花いちもんめなどが思い浮かんだ。あとずいずいずっころばしとか。懐かしい。ネット情報だけど、かごめの唄の歌詞は千葉発祥らしいのだが、例えば、私は…♪鶴と亀がすべった…と覚えていたのだけど、♪つるっと亀がすべったと歌う地方もあるようで色々のようだ。いずれにしても誰しも小さい頃に口伝えで覚えたこれらの唄は生涯忘れることはないだろう。
ロシアにももちろんわらべ唄はたくさんあって、ヴァスネツオフが絵をつけたわらべ唄の絵本たちは有名だ。動物たちがたくさん登場するのは森の国ロシアならではだろう。そのわらべ唄の翻訳絵本を入荷した。何とも楽しい内容だ。いつか、これらのわらべ唄を実際に歌ったり、遊んだりしているところも見てみたいな、と思う。というかひとつくらい歌えるようになりたいものだ。(直)

ヴァスネツォーフ画「ねこくんいちばでケーキをかった」http://karandashi.ocnk.net/product/206
ヴァスネツォーフ画「ラドゥーシキ」http://karandashi.ocnk.net/product/15
2017年06月20日

昨日ピーター・ラビットのことを書いたが、好きなので歴史的な背景など何となくは頭に入っているつもりだが、ピーターが世に出たころと、ビリービンが民話絵本を出していた頃がほぼ同じという事実には何となく馴染めないでいる。まだ、ビリービンとスイスのクライドルフが同じ頃の人というのはわりとスンと納得するし、実際、ビリービンがドイツに留学していた頃にクライドルフもドイツにいたりとニアミス疑惑?もある。
何故同時代感を持てないか。もちろん、描く世界や表現方法の違いはある。が、印刷方法の違いは大きな原因だろう、と思う。ビリービンやクライドルフは石版印刷、ピーターは写真製版で印刷されているからだ。技術的にはピーターがぴょーんと進んでいる。でも、技術的には進んだが…という奥深い世界もあり、色々な意味で興味深い時代だなぁと思っている。(直)

ビリービン絵本 http://karandashi.ocnk.net/product-group/3
2017年06月19日

今はロシア絵本がどうのこうのなんて活動をしているが、元祖好きな絵本はピーター・ラビットだ。かつて学生時代、ある友人はそんな私のために絵本のワンシーンを刺繍してプレゼントしてくれた。何度かの引っ越しを経てもいつも手の届くところに置いてきた。もう随分古びてしまった。その友人とはもう随分会ってない。年賀状でしか消息はわからない。でも、この額を見るといつも「あの頃」の気分に戻って心がほどける。間違いなく宝物だ。
実は、今回講演会をするにあたり、来ることができないやはり学生時代の友人が電報を打ってくれた。ピーターラビットのやさしいブルーの電報カバーの中に、一篇の詩のような励ましの言葉がつづられていた。講演のデスクの傍らに置いてどんなに心強かったことだろう。ピーター・ラビット好きを心に留めてくれていることが嬉しい。
この電報は新しい宝物だなぁ。(直)
2017年06月18日

講演会でお話しをする際、興味を持ってくださって実際に絵本を手にとっていただきたいという思いがあった。そのためには、気軽に手に取れる翻訳本があるのが一番いい。でも、ロシア絵本関連は、少し前には結構出版されていたようだが、最近はめっきり少なくなっているようだし、いけないことに以前出版されたもの絶版率が高かったり、入手が難しかったり。うーん。これではせっかく紹介しても実際を見てもらえない…。でも、図書館で探したら手ごたえがあった。マーヴリナの絵本もまとめて借りたのだが、初めて見る絵本もあり大層うれしかった。講演の中でも、例えばこの本なら図書館にはありますよという感じで紹介させていただいた。
ありがたいぞ、図書館!と思っている。(直)



2017年06月18日

西荻図書館での講演会無事に終わりました。お忙しい中参加くださった方、また宣伝をしてくださった方、ありがとうございました。今回お伝えしたかったことはお話しできたかなと思います。私自身、楽しみながら多くのことを学ばせてもらうことができました。会の後、絵本をご覧になる方が多かったことはとても嬉しいことでした。また個々にお話をさせていただいたりもありがたいことでした。
今回は馴染みのある地域の図書館でお話をさせていただけたことは意味深かったです。西荻図書館の館長さんを始め職員の方々にはお世話になりました。また、こういう機会を持てせていただけたのも人とのご縁があってこそ。ご縁を紡いでくださった方に感謝です。そして、初めての講演会に緊張している私に励ましやお祝いの気持ちを寄せてくれた友人知人たち!!ありがとう、ありがとうございました。(直)
«前のページ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | ... 27 次のページ»
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス